・消防機関で使用するトリアージ・タッグ
 の取扱いについて
          平成八年七月二十二日 消防救第百五十二号
          各都道府県消防主管部長あて 消防庁救急救助課長


 標記のことについては、消防庁において設置した「消防機関で使用す
るトリアージ・タッグ検討委員会」において検討を行い、その中間結果
に基づき、平成八年三月二十二日付け消防救第五十三号「大震災等大規
模災害において使用するトリアージ・タッグの標準化について」で通知
したところであるが、今般、同委員会からの最終検討結果を踏まえ、今
後消防機関で使用するトリアージ・タッグについては、下記により取扱
うこととしたので通知する。

 なお、本通知は、救急業務実施基準第二十六条及び昭和六十一年八月
一日付け消防救第八十三号各都道府県知事あて消防庁次長通知「救急業
務計画の作成等について」に基づく救急業務実施計画のうちトリアージ
・タッグに係る部分についての作成上の細目として定めたものであるこ
とを申し添える。

 おって、貴管下市町村(消防の事務を処理する一部事務組合を含む。)
にもこの旨周知するとともによろしく御指導願いたい。

      記

1 大震災等大規模災害におけるトリアージ・タッグの取扱いについて

 (1) 大震災等の広範囲の大規模災害で複数の救急救助関係機関が関わ
  る場合に消防機関が使用するトリアージ・タッグについては、次の
  とおりとする。
  その仕様及びレイアウトについては、別図のとおりとする。

   @ タッグの形状及び寸法
     23.2cm(縦)×11cm(横)とする。
   A タッグの紙質
     水に濡れても字が書けるなど丈夫な紙質とし、本体用紙はやや
    厚手のものとし、複写用紙は本体用紙より薄手のものとする。
   B タッグ用紙の枚数
     三枚綴りとし、一枚目は「災害現場用」とし、二枚目は「搬送
    機関用」とし、三枚目の本体用紙は「収容医療機関用」とする。
   C タッグの形式
     モギリ式とし各モギリ片の幅は1.8cmとする。
   D タッグに用いる色の区分
     軽処置群を緑色(III)、非緊急治療群を黄色(II)、最優先治療群
    を赤色(I)、死亡及び不処置群を黒色(0)とする。
     モギリ片の色の順番は、外側から緑色、黄色、赤色、黒色の順
    で、それぞれ両面印刷とし、ローマ数字のみ記載し、模様や絵柄
     は記載しない。
   E 傷病者及び消防機関に係る記載項目
    ア 氏名
    イ 年齢
    ウ 性別
    エ 住所
    オ 電話
    カ タッグのNo.
    キ トリアージ実施月日・時刻
    ク トリアージ実施者氏名
    ケ 搬送機関名
    コ 収容医療機関名
    サ トリアージ実施場所
    シ トリアージ区分
    ス トリアージ実施機関
    セ 症状・傷病名
    ソ 特記事項
    タ 人体図
    なお、前記アからオに関しては外国人の家族や本人が記載する
    ことも想定し、これらの項目については英語を併記する。
   F タッグの紐穴
     タッグの上郡中央で直径3mmとする。なお、使用に際し四肢等
    に結えることができるようゴム紐(輪状)を取り付けるものとす
    る。

 (2) 追加的記載事項等

   @ 前記(1)のEのサからタに係る部分のレイアウトについては、地
    域の実情によって、必要に応じ変更できるものとする。
   A 前記(1)のEのサからタに係る部分については、当該記載事項の
    ほか地域の実情によって、消防機関が必要と認める追加的記載事
    項を付け加え、レイアウトを変更できるものとする。
   B 前記@及びAについては、例外的な取扱いであり、極力前記(1)
    の内容及び様式によるように努めるものとする。

 2 その他の災害におけるトリアージ・タッグの取扱いについて
   前記1以外の災害で使用するトリアージ・タッグについても、前記
  1の内容及び様式によることが望ましい。

 様式1〜3(略)



目次に戻る