○救急隊員の行う応急処置等の基準

               昭和五十三年七月一日
                          消防庁告示第二号
        〔改正経過〕 昭和五六年一二月一日 消防庁告示第九号
               平成 三年 八月五日 消防庁告示第四号

 救急隊員の行う応急処置等の基準を次のとおり定める。

 救急隊員の行う応急処置等の基準

 (目的)
第一条 この基準は、市町村の救急隊員の行う応急処置等の基準となる
 べき事項を定め、もつて救急業務の適正な運営に資することを目的と
 する。
 (救急隊員の意義)
第二条 この基準において救急隊員とは、消防法施行令(昭和三十六年
 政令第三十七号)第四十四条第三項に該当する者をいう。
 (応急処置を行う場合)
第三条 救急隊員は、傷病者を医療機関その他の場所に収容し、又は救
 急現場に医師が到着し、傷病者が医師の管理下に置かれるまでの間に
 おいて、傷病者の状態その他の条件から応急処置を施さなければその
 生命が危険であり、又はその症状が悪化する恐れがあると認められる
 場合に応急処置を行うものとする。
 (応急処置の原則)
第四条 応急処置は、次の各号に掲げる原則に従つて行うものとする。
 一 短時間に行うことができ、かつ効果をもたらすことが客観的に認
  められている処置であること。
   複雑な検査を必要とすることなく、消防庁長官が別に定める装備
  資器材を用いて行う処置であること。
  (観察等)
第五条 救急隊員は、応急処置を行う前に、傷病者の症状に応じて、次
 の表の上欄に掲げる事項について下欄に掲げるところに従い傷病者の
 観察等を行うものとする。

区 分
     方 法
(1) 顔貌
     表情や顔色を見る。
(2) 意識の状態
     ア 傷病者の言動を観察する。
     イ 呼びかけや皮膚の刺激に対する反応を調べる。
     ウ 瞳孔の大きさ、左右差、変形の有無を調べる。
     エ 懐中電灯等光に対する瞳孔反応を調べる。
(3) 出血
     出血の部位、血液の色及び出血の量を調べる。
(4) 脈拍の状態
     橈骨動脈、総頸動脈、大腿動脈等を指で触れ、脈の有無、強さ、
     規則性、脈の早さを調べる。
(5) 呼吸の状態
     ア 胸腹部の動きを調べる。
     イ 頬部及び耳を傷病者の鼻及び口元に 寄せて空気の動きを
       感じとる。
(6) 皮膚の状態
     皮膚や粘膜の色及び温度、付着物や吐物等の有無及び性状、創
     傷の有無及び性状、発汗の状態等を調べる。
(7) 四肢の変形や運動の状態
     四肢の変形や運動の状態を調べる。
(8) 周囲の状況
     傷病発生の原因に関連した周囲の状況を観察する。

 2 消防庁長官、都道府県知事、市町村長又は消防庁長官が定める者が
 行う救急業務に関する講習の課程で、消防学校の教育訓練の基準(昭
 和四十五年消防庁告示第一号)別表第二4(1)若しくは(3)に掲げるもの
 又はこれと同等以上と認められる講習の課程を修了した救急隊員は、
 前項に掲げるもののほか、応急処置を行う前に、傷病者の症状に応じ
 て、次の表の上欄に掲げる事項について下欄に掲げるところに従い傷
 病者の観察等を行うものとする。

 区分   
      方法

(1) 血圧の状態
      血圧計を使用して血圧を測定する。
(2) 心音及び呼吸音等の状態
      聴診器を使用Lて心音及び呼吸音等を聴
      取する。
(3) 血中酸素飽和度の状態
      血中酸素飽和度測定器を使用して血中酸
      素飽和度を測定する。
(4) 心電図
      心電計及び心電図伝送装置を使用して心
      電図伝送等を行う。

 3 救急隊員は、応急処置を行う前に、傷病者本人又は家族その他の関
  係者から主訴、原因、既往症を聴取するものとする。
  (応急処置の方法)
 第六条 救急隊員は、前条の観察等の結果に基づき、傷病者の症状に応
  じて、次の表の上欄に掲げる事項について下欄に掲げるところに従い
  応急処置を行うものとする。

  区 分     方 法
(一) 意識、呼吸、循環の障害に対する処置
  ア 気道確保
   (ア) 口腔内の清拭
      直接手指又は手指にガーゼを
      巻き、異物を口角部からかき出
      す。
   (イ) 口腔内の吸引
      口腔内にある血液や粘液等を
      吸引器を用いて吸引し除去す
      る。
   (ウ) 咽頭異物の除去
      背部叩打法又はハイムリック
      法により咽頭異物を除去する。
   (エ) 頭部後屈法又は下顎挙上法に
      よる気道確保
      頭部後屈法又は下顎挙上法で
      気道を確保する。
   (オ) エアーウェイによる気適確保
      気道確保を容易にするためエ
      アーウェイを挿入する。
  イ 人工呼吸
   (ア) 呼気吹き込み法による人工呼
      吸
      次の方法により直接傷病者の
      口や鼻から呼気を吹き込む。
      a 口対ロによる人工呼吸
      b 口対鼻による人工呼吸
      C 口対ポケットマスクによる
        人工呼吸
   (イ) 手動式人工呼吸器(マスクバ
      ッグ人工呼吸器)による人工呼
      吸
      手動式人工呼吸器を用いて人
      工呼吸を行う。
   (ウ) 自動式人工呼吸器による人工
      呼吸
      自動式人工呼吸器を用いて人
      工呼吸を行う。
   (エ) 用手人工呼吸
      ジルべスター法変法又はアイ
      ブイ法等にょり人工呼吸を行
      う。
  ウ 胸骨圧迫心
      手を用いて胸骨をくり返し圧迫
   マッサージ
     することにより心マッサージを行
     う
  エ 酸素吸入
     加湿流量計付酸素吸入装置その
     他の酸素吸入器による酸素吸入を
     行う。
(二) 外出血の止血に関する処置
  ア 出血部の直接圧迫による止血
     出血部を手指又はほう帯を用い
     て直接圧迫して止血する。
  イ 間接圧迫による止血
     出血部より中枢側を手指又は止
     血帯により圧迫して止血する。
(三) 創傷に対する処置
     創傷をガーゼ等で被覆しほう帯をする。
(四) 骨折に対する処置
     副子を用いて骨折部分を固定する。
(五) 体位
     傷病者の症状や創傷部の保護等に適した体位をと
     る。
(六) 保温
     毛布等により保温する。
(七) その他
     傷病者の生命の維持又は症状の悪化の防止に必要
     と認められる処置を行う。

2 前条第二項に規定する救急隊員は、前項に掲げるもののほか、前条
 の観察等の結果に基づき、傷病者の症状に応じて、次の表の上欄に掲
 げる事項について下欄に掲げるところに従い応急処置を行うものとす
 る。

区 分
     方 法
(一) 意識、呼吸、循環の障害に対する処置

   ア 気道確保
      (ア)吐物及び異物の除去
        喉頭鏡及び異物除去に適した
        紺子等を使用して吐物及び異物
        を除去する。
      (イ) 経鼻エアーウェイによる気道
        確保
         気道確保を容易にするため経
        鼻エアーウェイを挿入する。
   イ 胸骨圧迫心マッサージ
        自動式心マッサージ器を用いて
        心マッサージを行う。
(二) 血圧の保持に関する処置並びに骨折に対す
   る処置
        ショック・パンツを使用して血圧の保持と骨折肢
    の固定を行う。
(三) その他
     在宅療法継続中の傷病者の搬送時に、継続されて
     いる療法を維持するために必要な処置を行う。

3 救急救命士(救急救命士法(平成三年法律第三十六号)第二条第二
 項に規定する救急救命士をいう。)の資格を有する救急隊員は、前二
 項に掲げるもののほか、救急救命士法の定めるところにより、応急処
 置を行うものとする。
  (医師の指示の下に行う応急処置)
第七条 傷病者が医師の管理下にある場合において医師の指示があると
 きは、救急隊員は前二条の規定によることなく医師の指示に従い応急
 処置を行うものとする。
    附 則
 この告示は、昭和五十三年七月一日から施行する。
   附 則 〔昭和五六年一二月一日消防庁告示第九号〕
 この告示は、昭和五十七年四月一日から施行する。
   附 則 〔平成三年八月五日消防庁告示第四号〕
  この告示は、公布の日から施行する。



目次に戻る