○救急救命士法施行令


 平成三年八月十四日
 政令第二百六十六号
 〔改正経過〕
 平成六年九月一九日 政令第三〇三号
 平成九年三月二四日 政令第 五七号

  救急救命士法施行令をここに公布する。


   救急救命士法施行令
 内閣は、救急救命士法(平成三年法律第三十六号)第十一条、第十六 条第二項、第三十二条第二項、第三十六条第一項及び第四十一条の規定 に基づき、この政令を制定する。
  (免許証の再交付手数料)
第一条 
  救急救命士法(以下「法」という。)第十一条の政令で定める手数料の額は、五千百円とする。
  (免許に関する事項の登録等の手数料)
第二条 
  法第十六条第二項の政令で定める手数料の額は、次の各号に掲  げる者の区分に応じ、それぞれ当該各号に定める額とする。
 一 
  救急救命士名簿に免許に関する事項の登録を受けようとする者
                                八千九百円
 二 
  救急救命士免許証明書の書換え交付を受けようとする者
                                四千五召円
  (救急救命士試験委員)
第三条 
  法第三十二条第一項の救急救命士試験委員(以下「委員」とい  う。)は、救急救命士国家試験を行うについて必要な学識経験のある  者のうちから、厚生大臣が任命する。
 2 
  委員の数は、五十人以内とする。
 3 
  委員の任期は、二年とする。ただし、補欠の委員の任期は、前任者  の残任期間とする。
 4 
  委員は、非常勤とする。
  (受験手数料)
第四条 
  法第三十六条第一項の政令で定める受験手数料の額は、三万三千五百円とする。
  (指定試験機関に関する読替え)
第五条 
  法第四十一条の規定による技術的読替えは、次の表のとおりとする。
  
(表省略)

目次に戻る