桐Ver8のインストール

粥川注:この桐Ver8は、新潟小林氏からいただいたものです。 違法コピーであることを充分認識してください。組合内で大規模に業務として使用するのが 確定したのであれば、58000円で正規に購入されることをお勧めします。

支署単位で小さく使うのであれば、桐体験版(機能制限無し、3ヶ月使用可能)にて、 三ヶ月のうちに設定、入力、国表作成まで充分可能でしょう。よろしくお願いします。

桐Ver8のCDROMを入れる
デスクトップの「マイコンピュータ」アイコンを右クリックして、出てきたコンテキストメニューの 「エクスプローラ」を左クリック
フォルダーツリーが見えている中で、CDROMは「桐」kiri_ver8と表示されていますので、名称をクリックすると、右側に内容として 「kiri8」フォルダがあります。それをダブルクリック
右側のスクロールバーを下におろしてゆき「kisetup.exe」を探し出し、ダブルクリックします。
セットアップメインメニューが出る
「桐のセットアップ」を選択(松茸は必要ありません)
シリアルナンバーは、右側の空きボックスに10804191を入力
フォルダの指定画面で「サンプルデータを複写する」のチェックをはずす
 (これにて必要ないデータ、60メガ程度が節約される。)
次へ次へと押してゆけばよろしいです。
「これはどっち?」という項目は、おおむね標準でインストールされてかまいません。

桐Ver8.2へのアップグレード
デスクトップの「マイコンピュータ」アイコンを右クリックして、出てきたコンテキストメニューの 「エクスプローラ」を左クリック
CDROMは「桐」kiri_ver8と表示されていますので、名称をクリックすると、右側に内容として 「update82」フォルダがあります。 それをダブルクリック
「8sp2_1.exe」「8sp2_2.exe」が出てきます。
「8sp2_1.exe」をダブルクリックしてください。
「桐Ver8サービスパック2」ウインドウが現れます。
「参照」をクリックすると、フォルダーツリーが出てきます。Cドライブの左にある[+]をクリックしたら、Cドライブの全容が見えますので、K3 フォルダを選択し、OKとして解凍先に指定します。
解凍終了後、アップデート処理開始に「はい(Y)」
アップデートが終了したら、「アップデート前のモジュールを保存しておきますか?」と出ますが、どちらでもよろしいです(原本はCDに入っているからなくても良い)